過払い初歩の巻
main image

弁護士、法律事務所

弁護士
国際弁護士という資格は実際存在しません。

しかし、日本では国外の弁護士資格を持っている日本人を国際弁護士と呼んでいます。

国際弁護士は、海外企業との契約や交渉、入国管理や進出支援などのビジネス法務や、海外の紛争問題の解決など国外に関わるさまざまな業務に携わります。

交渉は英会話が当たり前で書類作成などもすべて英文や他の言語になりますので、高度な語学能力とコミュニケーション能力が必要になります。

弁護士が所属する法律事務所について

テレビ番組などの影響で、法律事務所の事は広く認知されるようになりましたが、法律事務所に種類があることを知っていますか?大きく分けて2種類のタイプがあり、一人の弁護士が業務をおこなっている個人事務所と、何名もの弁護士が所属する合同事務所があります。

また、扱う内容についても、日本で起きている民事の事件や刑事件を取り扱うのが一般事務所と呼ばれ、日本以外の外国の案件を取り扱っているのが、渉外事務所と呼ばれています。しかしながら近年においては、明確な棲み分けはなく双方の内容を取り扱っている事務所も増えています。

自分に合う弁護士や法律事務所の探し方

個人や法人でのトラブルがあった際に、解決のために弁護士に依頼することがあります。弁護士が所属するのは法律事務所なので、依頼したいと思ったら通いやすい場所にある事務所を探す必要があります。相談をするためや手続きをするために何度も通う必要があるからです。

また、実績のある法律事務所を探すことも大切です。自分が相談したいと思っているトラブルと同じような事例を解決した経験がある実績があれば、解決へのスピードが早くスムーズに進めることができるからです。電話での無料相談をしてみることも自分に合う事務所かを見分ける手段になります。

法律事務所の弁護士に相談すると解決してくれます

弁護士は法律事務所に所属し、あらゆる問題を解決してくれます。例えば交通事故に遭ってしまった場合、保険会社が慰謝料を提示してくると思いますが、納得出来る金額が提示されると限りません。

納得が行かない場合に、弁護士に相談することによって、状況によっては慰謝料の引き上げを行う事が出来ます。もし両者の言い分がかみ合わない場合は、そのまま訴訟を起こし、裁判を起こすことも出来ます。基本的には相談は無料なので、気軽に相談をすることが出来ますし、成果報酬型が多いので着手金などもいらないです。なにか問題が発生した場合は、相談をして解決してもらいましょう。

法律事務所と弁護士に支払うもの

法律事務所で弁護士に依頼をした場合には費用が当然かかってきますが、その費用の支払いはどのようにしたらいいのでしょうか?最初に大体の見積もりを提出されるかと思います。依頼内容にもよりますが、まずは着手金(相場2万円/1件)の支払いがあります。

借金関係で相談に来ている人は「まず弁護士に依頼するための費用を支払うことができない」と思ってしまうかもしれませんが、分割ができますので一括で支払う必要がありません。また支払い方法についても無理なく支払いができる程度に相談に応じてくれます。まずは相談に足を運ぶことが大切です。

法律事務所によって弁護士の質も違います

法律事務所には、得意な分野と不得意の分野があります。何かに特化して専門的に扱っている分野には、とても力を発揮してくれますが、不得意の分野だとなかなか力を発揮するのは難しくなってしまいます。

そのため自分がどのような内容の問題なのかをはっきりとさせることが重要です。弁護士によっても得意な分野や、不得意な分野などが存在しますので、話をしっかりと聞いて、見極めていかないといけません。無料相談などを行っている弁護士事務所が多くありますので、気軽に訪れて相談をしてみてください。きっと親身に相談に乗ってくれるはずです。

自己破産に関連する記事

弁護士、司法書士に過払い請求、債務整理、自己破産などの借金相談についての情報。

過払い請求、債務整理、自己破産などの借金相談の内容を追加していく予定です。

本サイトの内容は弁護士が書いたものではありませんので責任は負いかねます。大阪、東京には優れた弁護士も多く、お困りの方はご連絡ください。