過払い初歩の巻
main image

債務整理とは

債務整理とは、任意整理や自己破産など、多重債務者など借金に苦しむ人を救済する法的手続きのことです。

任意整理の場合、格債権者と交渉して金利の引き下げなどを行い、自己破産は裁判所に申し立てて債務の全額免除をするものですが、弁護士にも司法書士にも依頼することができます。

ただ、司法書士の場合は債務総額が140万円以下という条件があります。140万円を超える債務整理は、弁護士でないとできません。

140万円を超えなかったとしたら司法書士に依頼した方が安くつくかもしれませんが、 そんな小額で債務整理を行う人は少ないというのが現状です。

債務整理の相談しましょう

多重債務の相談をしたい場合には、大阪のプロの法律事務所を利用することがとてもおすすめです。 現在のところ、人気の高い法律事務所のサポートの内容について、数々のメディアで紹介されることがありますが、前もって債務整理のメリットやデメリットを比較することが良いでしょう。

債務整理の必要性に関しては、一般の消費者にとって、すぐに把握をすることが難しいといわれており、いざという時に備えて、まずは早いうちから複数の法律事務所のパンフレットやカタログなどを参考にすることで、何時でも冷静に手続きを取ることができます。

債務整理と任意整理のポイントとは

債務整理の取り組み方については、各地域の法律事務所のパンフレットやカタログなどに分かりやすく掲載されることがありますが、短期間のうちに任意整理のメリットを理解することがおすすめです。

とりわけ、多重債務のリスクについては、多くの社会人にとって、興味深い事柄として扱われることがありますが、まずは専門的なスタッフからアドバイスを受けることで、納得のゆく対応を取ることが可能となります。また、債務整理の期間については、人それぞれの借金の金額に左右されることがあるため、担当者とじっくりと相談をすることが大事です。

弁護士がおこなう債務整理について過払い請求について

弁護士などの専門家に借金相談をおこなうと、貸金業者から課せられている利子を無しにできる可能性があります。詳しく言うと、債務整理における任意整理の手段が成功できた時点で、これからの利子を無しにすることができます。

また、滞納状態が続いていて、遅延の損害金がある際には、そのお金も無しにできるケースがあります。弁護士に借金相談をおこなうメリットとして、その時にカード会社からの請求を止めることができます。かかってしまう費用については、分割でも対応をしてくれますので、最初の段階で相談してみることをおすすめします。

債務整理を検討する時の弁護士の存在

多額の債務や多重債務を抱える場合、全額の返済を行うことが困難に陥ってしまうケースも多く見受けられます。日頃から抱えている借金への悩みを解決させるため、借入先である金融会社への条件交渉を行う任意整理や、裁判所の決定によって借金が減額される事もある債務整理のための手続きが行われます。

個人的に借金返済の計画が立てられない時は、弁護士への相談により、より速やかな対処を行うことができるようになります。また、書類作成や申請業務など、必要な手続きが発生した時にも代行して進めてもらうことができるため、より大きなトラブルも回避できます。

多重債務になった際の救済策債務整理について

債務整理は多重債務などで返済できなくなってしまった人に対しての、法的に解決していく方法となります。債務整理には任意整理や自己破産、個人再生などの方法があり、それぞれの債務者にあった方法で解決していく流れになります。

任意整理においては、債権者との交渉でそこまで煩雑な事はありませんが、自己破産や個人再生などは裁判所を通しますので、書類作成や処理は非常に煩雑になり、専門的な知識が必要になりますので、非常に大変なことが挙げられます。しかしながら、弁護士などの法律家に依頼できるようであれば、その道のプロになりますので、しっかりと対応してくれるでしょう。

債務整理に関連する記事

弁護士、司法書士に過払い請求、債務整理、自己破産などの借金相談についての情報。

過払い請求、債務整理、自己破産などの借金相談の内容を追加していく予定です。

本サイトの内容は弁護士が書いたものではありませんので責任は負いかねます。大阪、東京には優れた弁護士も多く、お困りの方はご連絡ください。