過払い初歩の巻
main image

成功率を高めたい過払い請求

取引をした事がある金融の会社に対して、過払い請求をしたという場合でも、それだけでは成功しないという事も、多いに考えられます。

まず、債務者が自分の力だけで解決しようとし、請求の依頼を自分で会社に行うと、成功する確率は低い事が多い様です。

その確率を高めるためには、司法書士か弁護士の力が必要です。

どちらがいいのかと言えば、借り入れの金額が高額な場合や、裁判になった事を考えると、相談費用は高い事もありますが弁護士の方が自在に過払い請求の問題を扱ってくれます。

人によっては司法書士でも大丈夫な場合もあるみたいですね。せっかく請求するのであれば、成功率を高めたいですね。

過払い請求は債務整理を弁護士に相談することで実現できる

過払い請求は、債務者の債務を整理するために利用する債務整理という手続きを使うことで、簡単に実現できるものです。本来、債務整理は抱えている借金を減らしたり、借金そのものを免責してもらうために利用する手続きなので、相手からお金を返済してもらうことと比較しても本質的に性質が異なります。

しかし、元々過払いで返還したお金は法律的な根拠に乏しいお金であるため放置していると債務者が不利になってしまいます。そこで、債務整理の中でも特に任意整理という手続きを弁護士に使ってもらうことで、消費者金融から多額の過払い金を返還してもらえるようになったわけです。

過払い請求を専門に行なう弁護士

近年注目されているのが、過去のカードローン等の借金を完済し終わった方の中で本来よりも多く支払いを行なってしまっていたという事案があります。いわゆる「過払い」であり、この過払い請求をする為にはまず弁護士に相談をする必要が出てきます。

ローン会社の支払い履歴を閲覧できるのは弁護士だけなので、過払いをしているとわかっている方でも必ず相談をするのが請求の前提になります。報酬費用はどこの事務所でも過払い金の中から成功報酬を差し引く形をとっているので、高額な費用を請求される心配もありません。支払いしすぎているかもと不安な方は、一度相談をしてもるといいでしょう。

過払い相談は司法書士も対応

以前金融会社の借金を払い終えた人であれば、過払い金請求でお金がもどってくるかもしれません。このようなフレーズはここ数年、CMなどでも全国的に取り上げられています。ですが、身内に借金があったことを知られたくない場合や、手続きが面倒などの理由で、対応されていない方もいるのではないでしょうか。

過払い請求の相談は、弁護士や司法書士が対応し、状況確認したあと返金されるかどうか計算してもらえます。その後は依頼することで、返金される日まで何も手続きをする必要はありませんし、家族に知られるようなこともありません。ですが返済後10年を経過してしまうと時効となるので注意してください。

多重債務の人と過払い金について

多重債務を抱えている人は、信用情報がうんぬんというより前に今抱え混んでいる借金をなんとかするのが先決です。今返済金額が非常に厳しくなってきている人はまずはその返済額がなんとかならないのかを見る必要があります。

その上で一番早く、確実に減らすことができるのが「過払い金の有無を確かめること」です。もし過払い金があった場合には、その余分に支払っていた分が戻ってきますし、今後、上乗せされて請求させた金額に関しては返済する義務がなくなるので、今かつかつで返済している人も少し、金銭的に余裕ができるのではないでしょうか。

大阪で過払い請求は0から始める過払い講座

過払い請求に関連する記事

弁護士、司法書士に過払い請求、債務整理、自己破産などの借金相談についての情報。

過払い請求、債務整理、自己破産などの借金相談の内容を追加していく予定です。

本サイトの内容は弁護士が書いたものではありませんので責任は負いかねます。大阪、東京には優れた弁護士も多く、お困りの方はご連絡ください。