過払い初歩の巻
main image

結婚をする前に自己破産をしたい

結婚をする前に自己破産をして借金をゼロにしたいと考えている人は多いのではないでしょうか。自己破産には借金が免除されるというメリットがある反面、いくつかのデメリットも生じます。車や不動産などの財産の没収、金融機関のブラックリストに載るので破産後数年間は新たな借り入れができない、国が発行している官報という機関紙に名前と住所が載るなどです。

これらのデメリットをしっかりと理解しておかなければなりません。自己破産の手続きをするに際して最初にすべきことは、司法書士や弁護士への相談です。司法書士や弁護士が在籍している事務所に直接依頼することも可能ですし、自治体などが設けている相談窓口を利用するという方法もあります。

自己破産をする際の司法書士と弁護士について

自己破産の手続きをし、裁判所に申し立てをする場合には、自力でおこなうこともできます。しかしながら、裁判所に対して行う手続きや処理は、非常に煩雑なことだと言えます。このようなケースにおいては、弁護士や司法書士などの法律の専門家に、依頼することをおすすめします。

エキスパートに依頼することで、自己破産におけるメリットデメリットから、申し立て後の影響などを事細かく説明してくれることを、利点として挙げることができます。しかしながら、司法書士においては制限があり140万円以上には対応することができませんので、注意が必要です。

債務整理のうち、自己破産は一番危険なの?

債務整理のうち、自己破産は一番避けるべき手続きであるという意見があります。一方で、借金をすべて帳消しにできるので、一番メリットが大きいという意見もあります。結局のところ、ケースバイケースなので人によるということになるでしょう。

自己破産には、ブラックリストにのってしまうというデメリットの他に、資産をすべて没収されてしまうというデメリットもあります。しかし、99万円以下の現金は手元に残せますし、20万円以下の価値しかないものについては没収されないこともあるようです。まずは相談をしてみて、任意整理などとも比較をして、自分に合った手続きを選びましょう。

債務整理で自己破産になるケース

弁護士に債務整理の相談をすると、任意整理になる可能性が高いようです。任意整理は一番デメリットが少なく、手続きにかかる時間も短いです。資産が没収されたり、連帯保証人に迷惑がかかったりすることも避けられます。

しかし、任意整理では将来利息をゼロにすることができますが、元本はいっさい減らせず、その後およそ3年をかけて返済をしていかなくてはなりませんので、借金問題が深刻化している人は、自己破産をしなければ解決ができないということもあります。失業をした人、病気で働けない人などは、借金をゼロにできる自己破産しか選択肢がないということもあります。

多重債務を抱えている人ほど債務整理

多重債務というのは、多数の金融会社からお金を借りている状態のことを指しますが、こちらは大変厳しい状況です。多重債務に陥ってしまう人の多くが、返済できないから他の業者から借りるということを繰り返していることが多いのですが、そもそも返済するのに他から借りなければならない業況が非常にまずいです。

こういった状態に陥ってしまったら、一刻も早くなんとかすることが大切です。こうなってしまったら自分でなんとかするということが難しく、専門家に頼んで債務整理をしてもらうのが一番確実です。話を聞いてもらうだけでも気が楽になるはずです。

自己破産に関連する記事

弁護士、司法書士に過払い請求、債務整理、自己破産などの借金相談についての情報。

過払い請求、債務整理、自己破産などの借金相談の内容を追加していく予定です。

本サイトの内容は弁護士が書いたものではありませんので責任は負いかねます。大阪、東京には優れた弁護士も多く、お困りの方はご連絡ください。