過払い初歩の巻
main image

過払いの時効の巻

過払い請求ができる期間は法律で限りが決められています。

それは、あなたが最後に完済した日から10年が経過すると時効その金融業者に対する過払い請求権がなくなります。つまり時効です。

また借入、完済を繰返ししている場合はその間隔が10年以上の開きがなければたとえ何十年前に借りたものであっても過払い請求権があり、法的にも効力があると言えます。

10年以内であれば請求権は生きているので、過去に借り入れし完済された方にもその権利はあるのです。

過払い請求を弁護士に依頼するメリット

過払い請求は、払いすぎた分のお金を返還してもらう請求権です。不当利得返還請求なので、これは払いすぎた人がいれば誰でも行使することができます。しかし、法律に不慣れな方は、どういった対応をすればよいのかわかりません。

そこで、弁護士に依頼するのがおすすめです。確実に権利の実現のために尽力してくれます。相手が任意に履行すれば裁判を起こす必要がありませんが、個人で支払いを求める場合に比べて、弁護士が対応したほうが任意に支払ってくれる傾向にあります。また、仮に裁判になっても、自分でやるより専門家に任せた方が確実です。

弁護士に過払い請求を依頼する場合

借金がある人で返済中の人も返済が終わった人も、利子を払いすぎてしまっているというパターンがあります。その場合には弁護士に相談をして過払い請求をしてもらうと良いでしょう。依頼をする事で払いすぎてしまった利子が戻ってくる事もありますし、借金そのものがなくなる場合もあり、メリットがあります。

弁護士には成功報酬として数パーセントの報酬を支払わなくてはなりませんが、過払い請求で戻ってきた金額を上回る金額を請求される事は決してありませんので、損な話ではありません。今借金中の人も、借金返済が終わった人も一度相談してみると良いでしょう。

司法書士へ依頼できる過払いの請求

長い間、借金の返済を続けてきた方の場合として、利息分を支払いすぎた事による過払いが発生しているケースも多く見受けられます。支払い過ぎた金額のお金に関しては、請求手続きを行う事で取り戻せるものの、借入先である金融業者との直接的な交渉が必要となるため、法律に関する業務が取り扱われている司法書士などへ相談することが大切となります。

また、これまでの過払いが発生しているかどうか知りたい時にも調査方法として相談することも可能であり、借金問題を効率的に解決させることに繋がることもあるため、頼りにしたい存在です。

多重債務者による過払いについて

テレビや雑誌の広告のおかげで、過払い金請求という言葉は広く認知されるようになりました。しかしながら、内容を詳しく知っている人は少なく、現在多重債務している人は請求ができないと思っている人も多くいます。

過払い金は払いすぎてしまった金利によって発生するものでありますので、お金を返還してもらうのは当然の権利とも言えます。お金を返してもらうことで、返済が楽になる場合もありますので、思い当たる人がいるようであれば、法律事務所などの無料相談会に行ってみることです。また、どうしてもお金がないような人においては国が設置している法テラスの機関がありますので、利用してみることです。

過払い請求に関連する記事

弁護士、司法書士に過払い請求、債務整理、自己破産などの借金相談についての情報。

過払い請求、債務整理、自己破産などの借金相談の内容を追加していく予定です。

本サイトの内容は弁護士が書いたものではありませんので責任は負いかねます。大阪、東京には優れた弁護士も多く、お困りの方はご連絡ください。