過払い初歩の巻
main image

キャッシングによる過払い請求

気軽に利用する人が多いキャッシングですが、いざ支払いが近付くと、かなりやり繰りがしんどいと感じる人もいる様ですね。

キャッシングの支払いで苦しんでいるという場合でも、債務整理が避けられないケースもあるかと思います。非常に大変な事ですので、その事を忘れない様にしたいですね。

その際には、キャッシングによる過払い請求をして支払いに役立てるという事も考えられます。長く利用している場合などには過払い請求ができる可能性も考えられます。

自分ではどうなっているのか分からないという人は、弁護士や司法書士がいる法律事務所に行って過払い請求が可能かどうか相談してみるといいでしょう。

法律家はその後の手続きにおいてもお手伝いしてくれるので安心できますね。

過払い金の時効相談は司法書士へ

以前に消費者金融などからお金を借り入れていた時に、法定利息を超える金利で支払っていた場合、払いすぎた部分、つまり過払い金については、お金を取り戻すことができます。しかし、どうすればよいのかわからない場合は、まずは司法書士事務所などに相談してみましょう。

借金相談に関しては無料で行っているところがほとんどですから気軽に問い合わせることができます。そして、もし過払い金が発生していることが分かれば、解決までの交渉はすべて司法書士にお任せすることができます。

自分自身で金額の計算や交渉を行うことができますが、非常に時間と手間がかかります。ただし、必ずしもお金を取り戻すことができるというわけではなく、最後の支払いから10年が経過すると時効が成立してしまいます。ですから、もし自分自身に当てはまるのではと思ったならば、少しでも早く相談に行くことがよいでしょう。

司法書士の過払い金のリスク

過払い金のリスクに備えるためには、実に様々な手段がありますが、中でも信頼度の高い司法書士にアドバイスを受けることで、安心して経済的なトラブルを解決することができます。

最近では、借金相談のメリットについて、多くの消費者からの注目が集まっており、実績のある司法書士の事務所の無料相談のサービスをじっくりと利用することが良いでしょう。 大手の司法書士の事務所の取り組みに関しては、数々の口コミサイトなどで紹介されることがあるため、まずは具体的な料金の相場やスタッフの対応の良しあしを見比べることがとても大事です。

金利に問題があるときには過払い金を疑おう

融資を受けたときに金利に問題があると感じたときにはすぐにでも過払い金の相談をした方が良いです。過払い金と言うのは、もともと支払わなくても良いお金を貸金業者に変換している問題のことを意味しますので、この問題に巻き込まれている当事者は大きな損をこうむっていることになります。

一般的には債務整理という手段を利用することによって返済しすぎたお金を返してもらうことができるようになっていますので、該当する人は返還請求をすることで数十万円以上のお金を返してもらうことができます。早い段階での処理が必要になりますので忘れないようにしておきましょう。

返済期間により過払い金が発生

債務整理を行う時には、今現在ある借金額を明確にするということが必要となります。そのため、過払い金が発生しているという場合には、払い過ぎたお金を取り戻すことが出来る場合もあります。特に、借金の返済を長期間続けているという場合には、本来であれば支払う必要のないお金を支払っている可能性もあります。

過払い金の発生が明確になった場合には、そのお金を取り戻す方法として、個人で手続きを行うという方法と弁護士や司法書士などの法律の専門家に手続きを依頼するという方法があります。効率良くお金を取り戻すためには、専門家に依頼するようにしましょう。

過払い請求の依頼は弁護士へ

以前は、利息制限法で制限された上限金利以上の金利でも、グレーゾーン金利と呼ばれて貸し付けが行われておりましたが、今ではそのような貸し付けは違法と認定されています。また、過去に高い金利で借り入れをしていた人については、上限金利を超えて支払った利息分について、過去に遡って返還を請求できることになりました。

これが過払い請求です。過払い金の返還請求は個人でも行うことができます。ただし、これまでこのような手続をやったことのない人にとっては書類作成などに手間がかかることもあります。そのような場合には、弁護士あるいは司法書士に手続の代行を依頼することもできます。

過払い請求に関連する記事

弁護士、司法書士に過払い請求、債務整理、自己破産などの借金相談についての情報。

過払い請求、債務整理、自己破産などの借金相談の内容を追加していく予定です。

本サイトの内容は弁護士が書いたものではありませんので責任は負いかねます。大阪、東京には優れた弁護士も多く、お困りの方はご連絡ください。