過払い初歩の巻
main image

必要性を知りたい債務整理

自分の借り入れ状況を振り返ってみた時に、あからさまに債務整理が必要な場合と不要な場合と除いて、その他は判断が難しい事もあるかと思います。

債務整理の必要性に関して判断しかねる場合には、できれば法律家に意見を求めた方がいいでしょう。

債務整理を行うべきかどうかという判断を誤ってしまうと、負債額が一層増えてしまうだけだという事も可能性としては残されています。

法律や借金について何も分からないという人が、自分で判断してしまうと、時には誤ってしまう危険性も考えられます。借金というのは、自分の残りの人生にも大きく関わる問題ですので、解決すべき時にしっかりと解決しておく事が必要でしょう。

弁護士や法律事務所に債務整理を依頼

弁護士や法律事務所に債務整理を依頼するにあたっては、はじめにかかる費用の確認をすることです。債務整理については債権者と交渉で決めていく任意整理と、裁判所に対しての申し立てをおこなっていく個人再生や自己破産などがあります。

この債務整理の手段については、一つ一つ大きく異なりますので費用についても、大きな開きがあることが言えるでしょう。任意整理であれば裁判所を通しませんので他の手段よりも、かかる期間や弁護士や法律事務所費用において手軽な点があげられます。このような点をしっかりと踏まえて債務整理をおこなうことをおすすめします。

ギャンブルで深みに嵌ったら債務整理をする

ギャンブルに嵌ってしまい複数の消費者金融から借金をしてしまったら大変なことになりますが、特に弁済するお金がなくなってしまったらどうすれば良いか分からずに困ってしまいます。

中には闇金からお金を借りる人がいますが、そのようなことをするとますます深みに嵌ってしまうので絶対に止めた方が良いです。どうしても返済する資力がなくなったら弁護士に行って債務整理の相談をすることが大切です。

最近では債務整理をする人が増えていますが、手続きが複雑なので法律に詳しくないとよく分からないことが多々あります。

ですから債務整理を考えている方は気軽に弁護士に相談をした方が良いです。

自己破産を債務整理の中で選ぶ利点

億単位などどれだけ高額な借金があったとしても、解決できるという利点を持つのは債務整理の中でも自己破産だけではないでしょうか。

債務整理やもしくは自己破産に至る道のりはかなり厳しいものかもしれませんが、一気に解決する事ができれば、今後の道はきっと開けていく事でしょう。

自己破産以外の債務整理と言えば、全額を一気に解決できないものであったりしますので、収入よりも返済額の方がかなり多いという場合にも適応する事ができるかと思います。しかし、すべての借金に適応できない事もあり、その理由が裁判所から問われる事もあります。

場合により、自己責任だと判断されてしまうケースもある様です。

多重債務 を解決する債務整理

多重債務には4つの解決方法があります。一般的に債務整理といえば、任意整理が多いです。専門家に依頼する事で、長期分割の交渉、毎月の返済額を減額する事ができる場合もあります。過払いの返還交渉も出来る場合があります。

個人再生としては、裁判所に申し立てをして、借金の一部を数年かけて支払い、残りの借金返済を免除してもらう方法もあります。これには条件があります。住宅ローンを除いた借金が5000万円以下である事や、一定の収入が見込める等です。裁判所に破産を申し立てる、自己破産という方法もあります。財産もなくなりますが、借金もなくなります。

債務整理に関連する記事

弁護士、司法書士に過払い請求、債務整理、自己破産などの借金相談についての情報。

過払い請求、債務整理、自己破産などの借金相談の内容を追加していく予定です。

本サイトの内容は弁護士が書いたものではありませんので責任は負いかねます。大阪、東京には優れた弁護士も多く、お困りの方はご連絡ください。