過払い初歩の巻
main image

債務整理における自己破産

一体、債務整理における自己破産とはどの様なものでしょうか。

債務整理をするとなれば、自己破産になってしまうという風に認識している人もいるかもしれませんが、実際には、自己破産というのは債務整理のごく一部であり、それ以外にもあります。大事な事は、適切なものを選んで行うという事です。

この選択が間違ってしまうと、思う様に借金が減らせず、その後も借金で大変な思いをするという事も考えられます。この選択は自分でこうしないといけない、と決めてしまうのではなく、弁護士などにきちんと状況把握を行ってもらった上で、助言してもらうといいかと思います。

また事実関係をきちんと話をする事も大事ですね。

自己破産だけが債務整理ではない

自力では解決できなくなってしまった借金問題でも、法的に手続きを行ってきちんと整理することが可能です。それが債務整理なのです。ただし借金問題の整理というと、すぐに自己破産を思い浮かべて気落ちしてしまう人も少なくありません。

しかし借金の整理には他にも任意整理、特定調停、個人再生などの方法がありますので、いきなり破産手続きを行わなくても解決できる借金問題は非常に多いのです。ゆえに借金が苦しくて大変なら、一日も早く弁護士などの法律の専門家に相談することが大切なのです。手頃な弁護士事務所探しなら、ネット検索でも簡単に行えます。

債務整理のひとつ、自己破産の内容

債務整理は借金を減額したり、返済期間を延長させるなどの方法のことです。借金などの債務、その額や返済方法などを整理し、まとめることで、借金中心の生活から解放されると言う意味があります。

債務整理にはいくつかの種類があります。そのなかのひとつが自己破産です。その特徴ですが、他の方法と違って借金返済の見込みがない、支払不能と裁判所に認定された場合には、その返済義務が全てにおいて免除されると言う点が挙げられます。

よってその後は、債務の返済に追われることなく生活の再建を図ることが可能です。ただし99万円を超える現金、あるいは時価にして20万円を超える財産については処分されてしまいます。

債務整理と自己破産の違い

借金の総額や過払い金を見直して、返済すべき正確な金額を算出することを債務整理といいます。違法な貸し出しが横行していた頃に借金をしていた人は、この手続きを行えば返済額が減る可能性があります。

整理することで借金そのものが消えることもありますが、手続きをしても借金がなくならなかった場合は、なくなるまで返済を続ける必要があります。一方の自己破産は、抱えているすべての借金を帳消しにすることで、認められれば債務者は返済義務から解放されます。その代わり所有するほぼすべての財産を没収され、借金をすることが長期間禁止されます。

債務整理は自己破産だけではありません

最近では、テレビや公共機関の中でも、債務整理についての情報を目にすることが増えているように、借金問題はきちんとした対策をとれば、解決できるものだという認識を持つ方も増えているようです。

しかし、まだまだ、解決方法には自己破産しかないものだと思い込んでいる方も多く、それではあまりにもデメリットが大きすぎるため、何とかぎりぎりの生活を送っている、という方もいらっしゃるようです。

債務整理にもいろいろな方法があり、借金総額を減額し無理のない範囲で返済をしたり、弁護士費用もゼロになるケースもあるので、まずは勇気を出して相談してみることが大切です。

自己破産に関連する記事

弁護士、司法書士に過払い請求、債務整理、自己破産などの借金相談についての情報。

過払い請求、債務整理、自己破産などの借金相談の内容を追加していく予定です。

本サイトの内容は弁護士が書いたものではありませんので責任は負いかねます。大阪、東京には優れた弁護士も多く、お困りの方はご連絡ください。