過払い初歩の巻
main image

債務整理

債務整理
債務整理の方法の一つに任意整理という方法があります。任意整理とは、裁判所を利用せずに債権者と返済方法について交渉する方法です。

任意整理の依頼をすると、取り立てや督促を止めることできます。

また、過払い金が戻ってくる可能性もあります。
任意整理をするためにはいくつかの条件を満たさなければいけません。例えば、任意整理後3年以内に全額が返済できることや返済にあてる収入があることなどです。

他にも条件がありますので専門家で相談し、詳しく教えてもらいましょう。

弁護士に依頼するべき債務整理

債務整理も様々な種類があるのですがその中でも弁護士に依頼した方が確実かつスムーズにことが進んでいくと言われているのが「個人再生」と「自己破産」です。この2つはメリットが大きいため手続きがとても複雑なのです。

個人再生に関しては、任意整理の次の段階の手段になりますが、その手続きの煩雑さは倍以上です。利息制限法や再生計画案…こういった専門用語が多数出てきます。元々こういったことに詳しい人なのでしたらとにかく、全く普段関わりがない人は、多少費用はかかってしまいますが、弁護士に結果的にはいいのではないかと思います。

債務整理を弁護士に依頼するなら内容を勉強してから

債務整理を弁護士に依頼すること自体は今では電話やインターネットからでも受け付けしてくれますので、簡単にできます。しかし知識が0のまま、一人の弁護士さんのいうことを鵜呑みにして進めていくことにはリスクもあります。

まずは事前にどういった債務整理の可能性があるのかを自分でも調べておくことが大切です。それぞれにどういったメリットがあるのか、またどういったデメリットがあるのかを知っておくことで選択肢を自分の中でも広げていくことができます。また事前にある程度の知識を持っていることで話を聞いていてわからないことをスムーズに質問することができます。

債務整理も弁護士へ相談したい理由

弁護士によって様々な業務が取り扱われているうちの一つに、任意整理や民事再生、自己破産などの債務整理が挙げられます。複数の手段に分かれる整理方法は、相談者一人ひとりの置かれている状況や抱えられている問題に応じて対処することが重要となります。

法律の専門家である弁護士への相談を進めることによって、法律に沿ったアドバイスや、適切な手続き方法に関する情報が取り入れられます。また、面倒な手続き作業が発生する場合には全て任せることも可能であるため、裁判所へ足を運ぶなど、生活ペースを乱すことなく手続きが行えます。

多重債務の人ほど債務整理を

多重債務をしている多くの人が、「この会社に返済はもうできないから、別の会社から借りて返済していこう」ということを繰り返しているうちに、借金がどんどん膨らんでしまうというパターンが多いのです。

こういった状態のことを自転車操業とよく言いますが、自転車操業になってしまったものを自分で1から再生することが非常に難しいです。それができるのでしたら多重債務を抱えてこなかったはずです。

こういった状況になってしまったら債務整理をするのが一番手早い方法かと思います。専門の人に今の自分の状況を見てもらい、的確な判断をしてもらう。これが借金を減らす最短ルートです。

自己破産に関連する記事

弁護士、司法書士に過払い請求、債務整理、自己破産などの借金相談についての情報。

過払い請求、債務整理、自己破産などの借金相談の内容を追加していく予定です。

本サイトの内容は弁護士が書いたものではありませんので責任は負いかねます。大阪、東京には優れた弁護士も多く、お困りの方はご連絡ください。