過払い初歩の巻
main image

自己破産の整理は司法書士の専門家にお任せしましょう

債務整理の手続きは司法書士も弁護士も行うことが出来ますが、司法書士は、借金と過払い金を含めた総債権額が140万円以下に限り可能となっております。 債務整理の種類には過払い金返還請求と任意整理、自己破産、個人再生の4種類があるという事を知っておいたほうがいいと思います。

自己破産のメリットは、借金が免除されることと、申し立て後は貸し金業者からの取立てが止まります。 その変わり、数々のデメリットもあるということを覚えておきましょう。 その為にも専門家を探し、前向きな考えで少しでも借金をゼロにしていく事が大切です。

司法書士と破産者のサポート

破産者に対する手厚いサポートが行われている司法書士の事務所の数は、年々増加傾向にあるとされ、様々なトラブルをすぐに解決したい場合には、依頼先のメリットをじっくりと見定めることが重要となります。

特に、過払い金の総額を把握することによって、借金の問題を早期に対応をすることが可能です。 人気の高い司法書士の借金相談のスケジュールについては、各事務所の公式サイトなどに詳しく掲載されることがあるため、自己破産を検討するにあたり、積極的に情報収集をすることが大事です。

その他、様々なタイプの司法書士の解決事例に目を向けることが良いでしょう。

自己破産だけでない借金の返済方法、任意整理

借金を返済出来ず自己破産かと悩んでいるなら任意整理という方法もあります。裁判所を利用せず貸金業者と交渉して無理のない金額を分割で払いやすくします。安定した収入があることが条件で五年間位はクレジットカードの作成ができなくなりますがメリットはたくさんあります。

任意整理手続きの依頼をすると督促や取り立てが止まり支払い計画が整うまで支払いが猶予されます。過払い金があるかどうかを調べ発生していれば返金手続きを行うこともできます。

自己破産と違い返済を続ける必要がありますが財産を処分しなければならない必要もなく職業制限もありません。借金は個々の形がそれぞれ違うので弁護士等の専門家に相談するのがお薦めです。

自己破産も頼りになる司法書士へ

借金の問題を抱える方が何か手続きを行う場合、司法書士への手続き依頼も可能です。手続き前の段階で無料相談のサービスを利用するなどして、どのような対処を行うべきか、自分の状況や相談内容を基に考えてみる事も必要です。

借金額を減らしながらも全額返済を目指す債務整理と異なり、借金が帳消しになるよう裁判所へ申し立てを行うのが自己破産です。個人信用情報や、既に所有している財産などに影響が出ることもあるものの、目の前に差し迫っている借金問題からは解放されるため、長年抱えてきた悩みを解決させたい方や、将来設計の立て直しを図りたい方への対応策となります。

司法書士ができる自己破産の処理について

貸金業者からの借金が重なり、多重債務者に陥ってしまった場合は、一人で悩むことをやめて司法書士などの専門家のアドバイスを聞くことで、しっかりと考えることが可能になります。

例に出すと、自己破産におけるリスクに備えていくためには、多くの方法がありますが、しっかりとした専門家からアドバイスを受けることにより、効果的な対応をできるようになります。また、司法書士に対しての相談内容については、各事務所の専門とする内容が異なるため、早い段階で電話やメールなどで、問い合わせをしてみることがポイントになってきます。

借金相談における自己破産の詳細とは

借り入れした借金の返済が滞ってしまった際に、ひとりで借金におけるトラブルを抱えたままだと、借金が深刻化してしまう恐れがあります。そのようなケースに陥らないためにも、身近な人や専門の機関などに、借金相談することをおすすめします。

借金相談などの相談は法律事務所などでおこなうことができますが、人によっては敷居が高い場合もあります。そのような際には都道府県で設置されている機関や、法テラスなどで相談することも可能になります。又、債務整理においてもさまざまな種類があり、任意整理や自己破産など、専門の意見を聞いて行なって行くことがおすすめです。

自己破産に関連する記事

弁護士、司法書士に過払い請求、債務整理、自己破産などの借金相談についての情報。

過払い請求、債務整理、自己破産などの借金相談の内容を追加していく予定です。

本サイトの内容は弁護士が書いたものではありませんので責任は負いかねます。大阪、東京には優れた弁護士も多く、お困りの方はご連絡ください。