過払い初歩の巻
main image

自己破産を弁護士に依頼するメリット

借金の返済に苦しんでいる人がその苦しみから抜け出すための最終的な手段として自己破産があります。自己破産では、その申し立てが裁判所に認められれば免責許可を得ることが出来、借金をゼロにすることができます。そのため、借金の金額があまりにも多額の場合、自己破産をするのが抱え込んでしまった借金問題を解消するためのベストな方法となります。

この手続きをする場合、一般的には弁護士へ依頼をするケースがほとんどです。そのメリットとして、何かと煩雑になりがちな書類の作成を自分でしなくてもいいということを挙げることができます。もちろん、書類の作成は個人でも行うことは可能ですが、その場合、法律に関する知識が必要になるので勉強をしながら書類を作成しなくてはならないので時間を要してしまうことになってしまうのです。

司法書士に自己破産を依頼する際の注意点

自己破産の手続きは非常に難しく、複雑なため、基本的には司法書士などに依頼した方がスムーズと言われています。しかしその際に気をつけなければならないことが一つだけあります。どういったことかというと、借金の総額が140万円以上あるような場合には依頼を受け付けてもらえないということです。

これは意地悪をしている訳ではなく、法律上決まってしまっているものなので、140万円以上の金額の取り扱いが法律上できないのです。この場合には弁護士に依頼する必要がありますので、まずは自分の借金の総額が一体どれくらいあるのかを再度整理する必要があります。

自己破産も司法書士への依頼で解決

自己破産における手続きが必要な場合、司法書士への依頼が可能です。弁護士の方が取り扱う事の可能な業務は幅広いものの、費用は安く抑えられるため、速やかに対処したい場合に頼りになる存在です。

地方裁判所への申し立てに関して必要な書類の作成を行ってもらうことができ、申立書以外にも、陳述書や債権者一覧表、資産目録などの添付が必要な書類を準備するなどの作業も一部行ってもらえることがあります。どのように対処すれば良いのかなど困った時には、直接相談をすることによって、法律に基づいた二人三脚での手続きが進められていきます。

自己破産は債務整理の最終的な手段

自己破産の申し込みをするのは、あくまでも最終的な手段と捉え、違う債務整理の手続きをとることなども考えておいた上で、借金問題に詳しい弁護士や、司法書士に無料で相談することができるサービスを利用するのが良い方法の1つとなります。

自己破産することが認められると、どんなに高額であっても借金が帳消しになるため、その後の暮らしが経済的に楽になると思われがちですが、税金や家賃などの支払いが帳消しになる訳ではないということを、知っておく必要があります。借金が帳消しになったとしても自治体や、国に対する税金を定期的に支払わなければなりません。

多重債務者がおこなう債務整理の方法について

多重債務で借金が膨らんでしまい、返済の目処がつかない場合において、法律で解決をすることができます。その方法については総称で債務整理と呼ばれ、大きく分けて4種類の方法があります。

方法としては任意整理や特定調停、自己破産や民事再生などの方法があり、自身の抱える借金の総額や家族構成、返済の目処、所有する財産など、多くの要素から決めていきます。方法によっては裁判所を通すものもあり、非常に煩雑な書類作成や処理が必要となってきますので、そのような場合においては弁護士のような専門家に依頼することをおすすめします。

自己破産に関連する記事

弁護士、司法書士に過払い請求、債務整理、自己破産などの借金相談についての情報。

過払い請求、債務整理、自己破産などの借金相談の内容を追加していく予定です。

本サイトの内容は弁護士が書いたものではありませんので責任は負いかねます。大阪、東京には優れた弁護士も多く、お困りの方はご連絡ください。