債務整理の方法の一つに任意整理という方法があります。任意整理とは、裁判所を利用せずに債権者と返済方法について交渉する方法です。

任意整理の依頼をすると、取り立てや督促を止めることできます。

また、過払い金が戻ってくる可能性もあります。
任意整理をするためにはいくつかの条件を満たさなければいけません。例えば、任意整理後3年以内に全額が返済できることや返済にあてる収入があることなどです。

他にも条件がありますので専門家で相談し、詳しく教えてもらいましょう。

債務整理も弁護士へ相談したい理由

弁護士によって様々な業務が取り扱われているうちの一つに、任意整理や民事再生、自己破産などの債務整理が挙げられます。複数の手段に分かれる整理方法は、相談者一人ひとりの置かれている状況や抱えられている問題に応じて対処することが重要となります。

法律の専門家である弁護士への相談を進めることによって、法律に沿ったアドバイスや、適切な手続き方法に関する情報が取り入れられます。また、面倒な手続き作業が発生する場合には全て任せることも可能であるため、裁判所へ足を運ぶなど、生活ペースを乱すことなく手続きが行えます。

多重債務の人ほど債務整理を

多重債務をしている多くの人が、「この会社に返済はもうできないから、別の会社から借りて返済していこう」ということを繰り返しているうちに、借金がどんどん膨らんでしまうというパターンが多いのです。

こういった状態のことを自転車操業とよく言いますが、自転車操業になってしまったものを自分で1から再生することが非常に難しいです。それができるのでしたら多重債務を抱えてこなかったはずです。

こういった状況になってしまったら債務整理をするのが一番手早い方法かと思います。専門の人に今の自分の状況を見てもらい、的確な判断をしてもらう。これが借金を減らす最短ルートです。