過払い初歩の巻
main image

極力債務整理を回避

可能であれば、極力債務整理を回避したいですよね。

もちろん、生活における制限やデメリットなどを考えると、債務整理がしたくて行うという人はいないだろうと思います。

避けられるのであれば避けたいけれども、状況を考えるとどうしても債務整理が必要で、仕方なく行う事がほとんどでしょう。回避するためにどうすべきでしょうか。

まず、何もせずに放置するというのは良くありません。

やはり、無駄使いをしてしまっている部分をなくして、節約して生活する事も必要でしょう。

また、状況が悪化してしまわない間に法律家への相談をすると、生活プランの見直しについてもアドバイスしてくれる事もあるそうです。

ひとりで悩まず、まずはお近くの弁護士または司法書士に相談してみましょう。専門家の意見が一番かもしれません。

弁護士がおこなう債務整理について

債務整理は借金の返済が不可能になった際に、法律的に解決をする手段を指します。債務整理については、債権者との交渉で和解を目指す任意整理や、裁判所に対して申し立てを行う自己破産や個人再生などがあります。

債務者が置かれている状況は様々ですので、状況に合わせて手段を選ぶことが重要になってきます。そのような際に、弁護士のような経験が豊富な専門家に頼ることで、第二の人生を送るうえでも良い助言を受けることができます。インターネットで検索をかければ、おおよその費用などもわかりますので、まずは調べてみることをお勧めします。

弁護士に債務整理をする上で不安な点

いくら今抱えている借金が、これ以上状況が悪化することがないと言っても、債務整理をする上でどのような支障が自分に生じてくるのかは気になる所です。

気になる点は①住宅ローンはどうなるのか②持っているクレジットカードはどうなるの?③今抱えている車のローンは?などと言った現在抱えているローンに関してといったことが多いかと思います。また何といっても任意整理をしたことが他の人に知られるのではないのではということが一番の不安だと思います。①から③に関してはそれぞれの状況にもよって異なってくるので、ハッキリと言えませんが、弁護士には守秘義務があります。ですので、第三者に自分漏れるという場合はありません。

弁護士と債務整理と種類

弁護士に依頼する債務整理と簡単に言ってもその内容は大きく分けると3つあります。①任意整理②個人再生③自己破産です。この中で一番聞き覚えがあるのは③の自己破産ではないでしょうか?

芸能人などでも行った人が話題になったりしますよね?こちらは借金の返済義務がなくなるというもので、裁判所なども関わってくるためニュース性が高いのでしょう。また専門の冊子には自己破産をしたという情報が載ってくるため調べようと思えば、誰でも簡単に調べることができます。債務整理の順番は①→②→③になり、行った時のリスクが③に連れて大きくなっていきます。

債務整理で多重債務を解消しましょう

いろいろな金融機関から借入れしている、多重債務者は返済のプランがたてづらいので利息ばかり払ってしまっているケースが多くあります。弁護士に相談することで、返済プランをしっかりと立てることが出来るので、借金返済がしやすくなります。

それでも返済のプランが立てられない場合は、債務整理を行う事が出来ます。債務整理の方法の中に、自己破産宣告があり、宣告をすると全ての借金をなかったことにすることが出来て、再スタートをきることができます。しかしながら私生活にも多少の制限がかかってしまうので、自己破産宣告は最終手段に置いておくことがほとんどです。

大阪で過払い請求は0から始める過払い講座

債務整理に関連する記事

弁護士、司法書士に過払い請求、債務整理、自己破産などの借金相談についての情報。

過払い請求、債務整理、自己破産などの借金相談の内容を追加していく予定です。

本サイトの内容は弁護士が書いたものではありませんので責任は負いかねます。大阪、東京には優れた弁護士も多く、お困りの方はご連絡ください。