過払い初歩の巻
main image

自己破産は司法書士などの専門家とよく相談しよう

自己破産は、借金でどうにもならなくなった人に再起のチャンスを与えるための救済手段です。流れとしては、ざっくり言うと、まず破産手続きの開始および免責許可の申し立てを裁判所に行います。

その後、財産があるか等について審査され、ある場合は破産管財人が売却などして換金し、債権者に分配し整理します。さらに免責許可申立ての内容について、裁判官からいろいろと審査され、その審査に通過すれば、めでたく免責許可が決定され、債務の支払い義務を免除されます。

自己破産は債務救済の最終手段で、様々な不利益もありますから、事前に司法書士や弁護士などの専門家とよく話し合ってから行うかどうか決めましょう。

自己破産をするべきか相談するために司法書士へ

何も司法書士の元へ行くのは「自己破産をする!!!」と決めてからでないとダメという訳ではありません。「本当に自己破産しか手段がないのかな?」と債務整理の相談に行くだけでもいいのです。

実際にどのような債務整理が自分にとって一番いいのかを自分で判断する事は非常に難しいです。今の自分の状況(仕事がなくなってしまった・病気になってしまって定期的に働けそうにない)と、借入状況を合わせて考える必要がありますのでそういった情報を持って相談に行ってみてください。自分では思いつかなかった解決方法を提示してくれるかもしれませんよ。

自己破産に強い司法書士を探そう

折角お金を払って専門家に依頼するのであれば、その道に詳しい人に依頼したいですよね。今ではインターネットで検索するとすぐに自己破産に強い司法書士や事務所が出てきますので、そういったホームページをよく読んで決めてみるというのも一つの手です。

その中でも口コミなどが記載されていることが大事です。また一番確実なのは実際にそこでやり取りをした人に紹介してもらうという手です。一度借金に関することやそれ以外のことであっても、相談したことがある人の話というのはとても貴重なものです。ネットでは検索しきれないようなことも、教えてくれる可能性もありますし、実際の成功率を聞くこともできます。

債務整理で自己破産を検討される方へ

債務整理を考え自己破産を選ぶ方が増えています。残債を一括で消去し、生活の再建を実施していく破産の制度を用いることで、借金に悩むこともなくなり、生活の再生を実施していけます。

返済不能の状態を続けていても、生活や仕事は立ち行かなくなっていきます。一人で悩まず、信頼できる法律事務所を探し、相談をすることから実施をしていきましょう。多くの法律事務所では、無料でのコンサルティングを実施しています。整理にかかった費用も、整理後に返還される過払い金で充当ができます。借金の返済で悩まず、前向きな生活を選んでいきましょう。

多重債務者が債務整理する場合

あちらこちらから借金をしていると、次第に返済していくことがむずかしくなってきます。そうなってしまうと、一方で借りて一方で返済するなどのことになってしまい、自転車操業の状態になってしまいます。

そのような状態になる前に借金相談をすることが望ましいですが、すでに多重債務の状態になっているようであれば、法律家に相談するといいでしょう。司法書士は140万円以内と制限がありますが、弁護士だと制限なく借金相談を受け付けてくれますので、必要に応じて任意整理や自己破産などの債務整理の手続きもおこなっていくといいでしょう。

自己破産に関連する記事

弁護士、司法書士に過払い請求、債務整理、自己破産などの借金相談についての情報。

過払い請求、債務整理、自己破産などの借金相談の内容を追加していく予定です。

本サイトの内容は弁護士が書いたものではありませんので責任は負いかねます。大阪、東京には優れた弁護士も多く、お困りの方はご連絡ください。